愛犬とのHappy Life

◆短気で感情的になりやすい

犬のしつけが下手な人の共通点として、短気で感情的になりやすい人という点が挙げられます。
しつけの中では、当然注意しなければならない時や叱ることもあるかと思います。

その時、ヒステリックに叱りつけたり、大きな声で怒鳴ってしまうと犬は萎縮してしまいます。
イラ立つ感情を全面に出したり、犬を叩いたりすると犬は飼い主さんの顔色を常に伺い、リラックスできずに疲れてしまい、ストレスを溜め込んでしまいます。

そのような時は、いくらしつけを試みても、こちらの意思がきちんと伝わらず、犬の思考も止まってしまうので、余計にしつけがうまくいきません。

◆甘やかしすぎる

犬の良くない行動をやめさせる時などは、威厳を持って厳しく接しなくてはならない時もあります。そうした時に「かわいそう」とか「そんなに厳しくしなくても」などと思ってしまい、ついつい甘やかして良くないことも許してしまう飼い主さんがいます。

結果的に犬の行動を改善するはずが、逆に悪化させてしまうことになってしまいます。愛犬をかわいがり、大切にすることは犬を飼う上で本当に大切なことですが、甘やかすこととは違います。しっかりとあなたがリーダーシップを持って毅然とした態度で犬に対峙することはとても重要です。

◆まわりの人の目を気にする

しつけは家で行うことだけでなく、散歩中やよく行く公園などでも行うことが重要です。
そんな時に、まわりの人の目を気にしすぎてしまう飼い主さんは、犬に伝わるようにきちんと褒めてあげることができなかったり、適切な指示や声掛けができなかったりします。

専門家のドッグトレーナーも言っていますが「道で犬に向かって笑顔で話しかけながら歩くなんて恥ずかしい」と言う飼い主さんが多くいらっしゃいますが、そこは割り切って愛犬家としての責任を果たしてほしいところですね。

家の中と外で飼い主さんの態度が違ったり、指示が違ったりすると犬は混乱して何が正しいのかわからなくなってしまいます。カワイイ愛犬のために頑張ってくださいね。

◆結果を求め過ぎ完璧主義

犬のしつけは飼い主さんの思った通りにいかないことがほとんどで、一度覚えたからといってそれで終わりという訳ではありません。「おすわり」ひとつ教えるにしても、段階を踏んで少しずつ教え、さまざまな状況下でも完璧にできるように時間と手間をかけて根気よく教えなくてはなりません。

早急に結果を求めすぎる完璧主義の人は、結果が出ないと苛立ってしまい、犬に強制したり、怒って無理やり成果を出そうとすることがよくあります。

しかし、それではしつけが本当に身についたとは言えませんし、良い結果につながりません。
少しずつステップをクリアしながら、多少の時間がかかったとしても犬の自発性を引き出すことがしつけを成功させる重要なポイントなのです。

 

【まとめ】
犬のしつけは根気と心の余裕が最重要

ここで紹介した犬のしつけが残念な人の共通点の中には、何かしら当てはまるという飼い主さんが多いのではないでしょうか?私自身も愛犬家として正直いくつか当てはまるところがあります。

しかし、だからといって犬のしつけができないということではないんはずです。自分の性格や習慣をしっかりと認識しておけば、しつけをする時に注意して愛犬に接することが出来るはずですし、自分のせいで犬に嫌な思いをさせないように気をつけることができます。

犬のしつけは、とにかく「根気」が最も重要です。教えたことがすぐにできるようになって扱いやすい「いい子(犬)」になってくれる犬など、基本的にはいません。愛情と時間と根気を充分にかけて愛犬とじっくりと向き合うことでしつけはうまくいくはずです。

今すぐにやめさせたいことや困っていることがある時は、どうしても怒ってしまったりしがちですが、心に余裕を持って根気よく地道に取り組んでいってあげてください。

コメントは利用できません。