愛犬とのHappy Life

犬猫の癌について

一緒に生活をしている愛犬の健康は維持したいものですが、
犬も人間と同じように癌を発症してしまう場合があります。

話すことができない愛犬の体の変化には私たち人間が早く気がつかなければなりません。

こちらでは犬の癌についてご紹介いたします。

3735618651_461bed83d4_m

犬猫の癌の原因

原因には様々なものが挙げられます。人間と同じように、紫外線や放射能を浴びることで発症してしまうケースもありますし、ホルモンバランスの崩れやウイルスの感染によって発症してしまうケースもあります。

他にも、遺伝によって発症してしまうケースもあるのです。
そして私たちが意識しなければならない原因の一つに食べものがあります。

毎日愛犬が口にしているペットフードは安全なものと呼ぶことができるでしょうか。
人間は農薬を含んでいる食材に気を使っていますが、ペットフードにも安全とは呼ぶことができないような原料が使われているものもあるのです。

健康に悪影響を及ぼす可能性がある食べものは癌の原因になります。

そのため安全性があり、バランスが整った食事を与えることが愛犬の健康にも繋がることになるのです。

犬猫の癌の症状

癌以外の病気にかかっている可能性もありますが、下痢や嘔吐、咳(吐血)、しこり、痙攣などの症状が見られた場合はすぐに獣医師に相談するようにしましょう。

食欲がなくなる、体重の減少、元気がないという些細なことも犬の癌に繋がる場合があります。
しっかりと健康状態を観察して異常がないか確認をする習慣をつけましょう。

 

犬猫の癌治療

犬の癌治療方法には、手術で摘出する方法以外にも抗がん剤を使用する化学療法や薬物療法、免疫をコントロールする免疫療法、放射線を照射する方法、代替療法などがあります。

人間と同じように愛犬の癌は末期状態で発見することを防ぐためにも、余命を伸ばすためにも異変にいち早く気づきましょう。

 

犬猫の癌発症のメカニズム

癌細胞は、健康な犬の中にも常に存在しているものです。

それでも癌を発症せずに健康でいられるのは、癌細胞が発生しても、体内のリンパ球が癌細胞を排除してくれているからです。

何らかの原因によって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、免疫力が低下します。

免疫力が低下すれば、ウイルスや細菌に弱くなり、様々な病気にかかりやすくなるのです。

交感神経と副交感神経のバランスが崩れる最大の要因は、精神的なストレスであるといわれています。

ストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れてリンパ球が減り、癌にかかりやすい状態になってしまいます。

犬の癌細胞は、どのようにしてできるのかこちらでは、一般的な犬の癌発症のメカニズムをご紹介します。

 

4381756238_200a3d20d6_m

 

1. 自律神経のバランスが崩れると、細菌と戦う顆粒球が増加します。

2. 顆粒球が増えると、癌と戦うリンパ球は減少します。
これは、どちらか一方が優位になっていると、もう一方の働きが弱まる仕組みになっているためです。

3. 体内で発生した癌細胞を、リンパ球が排除できなくなり、癌細胞はどんどん増殖します。

4. 癌の症状が出てきます。癌細胞は隣り合う組織にまで影響を及ぼし、血液やリンパ液に乗って体内のあらゆる組織に広がっていきます。末期になると、癌細胞が全身に転移してしまいます。

犬猫と人間の癌には共通点が多い

犬と人間の癌は、発症のメカニズムをはじめ、多くの面で共通した部分を持っていることが明らかになっています。

しかし、現在の犬の癌治療は最先端の人間の癌治療に比べて進んでいるわけではありません。

犬も人間も、共に過ごしてきた家族にとって守りたい命であることは同じです。

弊社では、本当に品質の良いサプリメントを提供することで、愛犬の健康を願う飼い主様のお役に立ちたいと、強く願っております。

なぜ余命宣告をされた犬や猫たちが元気でいられるのでしょうか?

信じられないほど食欲や元気が出てきたり、癌の成長が止まったり、走り回るようになるのは、どうしてなのでしょうか?!

3873352098_f3590a1a22_m

その理由は、犬や猫たちが本来持っている免疫力にあったのです。

癌と闘うときに最も大切なことは何だと思いますか?

その答えは『免疫力』です。

手術や抗癌剤治療といった今までの医療は、犬や猫たちの免疫力のことをほとんど考えていません。

ハッキリ言えば、免疫力を下げてしまう治療なんです。

がんの再発や転移を繰り返す原因はそのためです。

全身麻酔を伴う検査、外科手術、抗癌剤治療といった治療が、免疫力を下げて抵抗力を奪ってしまうのです。

免疫力がしっかりしている犬や猫たちは、癌を発症するリスクが極めて低くなります。

若い犬や猫たちに癌が少ないのは免疫力が高いためです。

危ないのは免疫力の働きが低下している高齢の犬や猫たちです。

事実、10歳を超えた頃から犬の癌の発症が多発します。

免疫力を回復させることができれば、猫や犬の癌を抑えられるのです。

つまり若いころのように、再び免疫力がしっかり働いてくれれば、癌の成長を抑制し、発症しても免疫が撃退してくれます。

このことは、人間にも全く同じことが言えます。

もしあなたの愛犬・愛猫が高齢だとしても、まだ免疫力に回復の力があるならば、それを引き上げることは可能です。

実際に体験している飼い主様が全国にたくさんいます。

皆さんにお勧めしていることは、別に難しいことではありません。

犬や猫ちゃんと一緒に楽しく過ごし、低糖、高タンパクの食事を心がけ、免疫力を上げるために有効なサプリなどを与えてあげるだけです。

家族である愛犬、愛猫のためにも、末永く健康でずっと一緒にいられるように、あなたが守ってあげてくださいね!

コメントは利用できません。