愛犬とのHappy Life


 
犬のがん対応の食事療法

ペットの食事を考えよう

人間も癌になるように、ペットも癌になります。

近年では、癌で愛犬や愛猫をなくしてしまったというご家族の方も少なくありません。

ペットは、ただの愛玩動物ではなく私たちの大切な家族です。癌などの病気から身を守り、健やかな毎日を送るためにもペットの食事について考えてみませんか?

ペットの食事情

ペットは、野生動物のように自分で食べ物を確保することができません。

ペットの食事を確保するのは、人間の役目になります。通常、ペットのご飯といえばペットフードを思い浮かべますが、現在このペットフードの安全性に対して疑問の目が向けられているのです。4Dと呼ばれる肉をご存知でしょうか?

私たちが食べる食品として不適格とされた肉のことで、死亡または瀕死、病気や負傷などを抱えている動物の肉になります。

本来であれば、食品としては使用されない肉として処理されるのですが、ペットフードへ使われている肉の中には、この4Dが含まれている可能性があるのです。

また、ペットフードへ使用されている防腐剤などの化学物質も、ペットの健康へと影響を及ぼす懸念材料になっています。

ペットの理想的な食事とは

癌などの病気になってしまうと、食欲が衰え食事を食べないというケースが多くなります。

食べなくなってしまったペットへの食事の与え方が分からず、ただ徐々に弱っていく姿を見守るだけというのはとても辛いものです。

近年、そんな癌を患ってしまった愛犬のご家族や、10歳を過ぎた愛犬と暮らしている方に注目されているのが、食事療法です。

ペットの健康を考えた理想的な食事にすることこそ、愛犬をがんや病気から守ってあげ、ずっと元気でいてもらえることへの重要なポイントです。

私たち人間が、癌に良い食事を栄養バランスから考えて食べるように、ペットの食事もペットの体に合わせた栄養バランスを考え、理想の食事を与えてあげることが、病気に負けない体作りにつながります。

 

みらいのドッグフード(腫瘍サポート)

ワンちゃんが毎日の食事を喜んで食べることは、ワンちゃん自身のためだけでなく、それを見ている飼い主さんの笑顔につながります。

飼い主さんが幸せだと、その表情を見たワンちゃんもさらに元気になります。ペットと人の両方が幸せであることで、良い循環が生まれるんです。

我が家では、昔は、ケーオーD2というホームセンターで6.5kgで1000円ほどのドッグフードを与えておりました。

でも、犬の健康を考えると見直さなければ病気を招くと思い、みらいのドッグフードに切り替えました。

 

犬のがん対応の食事療法

ワンちゃんたちの一番の楽しみは「食べること」「遊ぶこと」です。


犬のがん対応の食事療法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。