愛犬とのHappy Life

ペットの食事を考えよう

人間も癌になるように、ペットも癌になります。

近年では、癌で愛犬や愛猫をなくしてしまったというご家族の方も少なくありません。

ペットは、ただの愛玩動物ではなく私たちの大切な家族です。癌などの病気から身を守り、健やかな毎日を送るためにもペットの食事について考えてみませんか?

ペットの食事情

ペットは、野生動物のように自分で食べ物を確保することができません。

ペットの食事を確保するのは、人間の役目になります。通常、ペットのご飯といえばペットフードを思い浮かべますが、現在このペットフードの安全性に対して疑問の目が向けられているのです。4Dと呼ばれる肉をご存知でしょうか?

私たちが食べる食品として不適格とされた肉のことで、死亡または瀕死、病気や負傷などを抱えている動物の肉になります。

本来であれば、食品としては使用されない肉として処理されるのですが、ペットフードへ使われている肉の中には、この4Dが含まれている可能性があるのです。

また、ペットフードへ使用されている防腐剤などの化学物質も、ペットの健康へと影響を及ぼす懸念材料になっています。

ペットに手作り食を

癌などの病気になってしまうと、食欲が衰え食事を食べないというケースが多くなります。

食べなくなってしまったペットへの食事の与え方が分からず、ただ徐々に弱っていく姿を見守るだけというのはとても辛いものです。

近年、そんな癌を患ってしまった愛犬のご家族や、10歳を過ぎた愛犬と暮らしている方に注目されているのが、食事療法です。

ペットの食事を、ペットフードではなくペットの栄養を考えた手作り食にすることで、病気を食事予防しようという考えになります。

私たち人間が、癌に良い食事を栄養バランスから考えて食べるように、ペットの食事もペットの体に合わせた栄養バランスで手作りすることで、病気に負けない体作りを目指すことができます。

3617530503_093b31a6a2_m

NDFナチュラルドッグフードとは?

1.自然給仕(ナチュラルフィーディング)の考え方を基に犬が本来必要としている食事を反映させて作られています。

2.完全無添加でありながら、充分な栄養と保存性、抜群のおいしさを実現。その秘密は、11種類の原材料と調理方法にあります。

3.安心、安全のため、製造から出荷後に至るまで様々な取り組みを行っています。

4.良い食事を続けることで、ワンちゃんと飼い主さんに大きな変化が。ワンちゃんと飼い主さんの幸せを実現します。

有名獣医師:阿部 美奈子先生のことば

愛犬が毎日食べるドッグフードはその子の体調にダイレクトに影響を及ぼします。添加物を極力使用せず、本来の自然治癒力を引き出す食事を。

最近では、免疫バランスの乱れやアレルギーで悩むワンちゃんが多く見られるようになりました。

人と同じように、添加物が主な原因の1つと考えられます。

こうした病気には、単に症状を薬で抑える対症療法ではなく、根本となる食生活を見直すことが大切です。

愛犬が本来持っている自然治癒力を引き出すためには、天然素材にこだわり、添加物を極力使用していないフードが良いですね。

『ナチュラルドッグフード』は添加物を使わず、犬が本来必要としている食事を、天然素材だけで実現するという点が素晴らしいです。

愛犬にとって最大の喜びのひとつは、美味しいご飯を食べること。素材が良く、かつ愛犬が喜んで食べるフードが理想的な食事だと言えます。

『ナチュラルドッグフード』は素材本来の美味しさを生かしているので、ワンちゃんが喜んで食べてくれます。これはとても大切なことなんです。

ワンちゃんが毎日の食事を喜んで食べることは、ワンちゃん自身のためだけでなく、それを見ている飼い主さんの笑顔につながります。

飼い主さんが幸せだと、その表情を見たワンちゃんもさらに元気になります。ペットと人の両方が幸せであることで、良い循環が生まれるんです。

我が家では、以前は、ケーオーD2というホームセンターで6.5kgで1000円ほどのドッグフードを与えておりました。

でも、犬の健康を考えると見直さなければ病気を招くと思い、NDFに切り替えました。
値段は、それまでの10倍以上になってしまいましたが、愛犬の健康には替えられません。

 

201504101839

 

ワンちゃんたちの一番の楽しみは「食べること」「遊ぶこと」です。



コメントは利用できません。