ユーグレナ

ユーグレナ(みどりむし)とは

0.05mmの小さな生物

ユーグレナは、体長わずか約0.05mmという小さな微生物(藻の一種)です。
髪の毛の太さがおよそ0.07mmなので、それよりも小さいということになります。

実際の姿、かたちをはっきり見るためには顕微鏡で覗いて見るしか方法がありません。
しかし、この超極小のカラダには、凄い可能性が秘められているのです。

20160615-001   20160615-003

 

●動物でもあり植物でもある不思議な生物

動物と植物の両方の特徴を持ったユーグレナは、淡水で育ちます。また、和名では「みどりむし」と言いますが「虫」ではなく、ワカメや昆布と同じ「藻」の一種なのです。

緑色のカラダで植物のように光合成を行って栄養分を体内に蓄えることができます。
そして、動物のように細胞を変形させて移動することもできるのです。

以上のように生物学上で「植物」と「動物」その両方の性質を備えている生物は大変希少な存在というしかありません。

 

●5億年以上前から地球に存在していた

ユーグレナは、5億年以上前に原始の地球で誕生した生物です。
1660年代、今から350年以上前にオランダのアントニ・ファン・レーウェンフックが発見しました。

ユーグレナ(和名:みどりむし)は、ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味からきています。
その後、1950年代にアメリカのメルヴィン・カルヴィンらは、みどりむしを用いた光合成の研究を行い、光合成による炭素固定反応であるカルビン・ベンソン回路を解明したのです。

この功績によって1961年にノーベル化学賞を受賞しています。
さらに1970年代に入ると、ユーグレナはアメリカ航空宇宙局(NASA)において宇宙開発の視点でも注目されました。

宇宙での活動を観察する際の代表的な生物の1つとして選ばれたのが始まりですが、更にみどりむしが太陽光と二酸化炭素で育つことができることや、乗務員クルーたちの呼吸によって排出された二酸化炭素が、ユーグレナの成長を促進し、結果として酸素が得られるという二重のメリットがあることにも注目が集まりました。

また、1990年代では、みどりむしを使った医療、医療品の研究開発、二酸化炭素固定などについても研究が行われてきました。

そして2005年に、株式会社ユーグレナが世界初となるユーグレナの食品としての屋外の大量培養に成功しました。

 

20160615-004弊社のユーグレナ【MAGRERAGE】は、株式会社ユーグレナの正規代理店として100%正規原料を使用しています。
このユーグレナに天然ハーブの厳選された有効成分を配合し、独自の商品として誕生したのが、ユーグレナ【MAGRERAGE】なのです。

 

●植物だから「光合成」によって自ら栄養素を生み出している

ユーグレナは、植物の性質を持っているので光合成によって成長していきます。つまり太陽光と水と二酸化炭素で育つことができます。その栄養素の生産効率は、稲穂のおよそ10数倍とも言われる驚異的なレベルなのです。

また、高濃度の二酸化炭素の中という超過酷な環境でも成長していけるという生存能力の高さも注目される点です。
大気中の約1000倍という高い二酸化炭素濃度の気体を通気した中でも、元気に生育していく適正能力を持っています。

そして光合成を行うということは、具体的に言えばどういうことかと言うと、二酸化炭素を炭水化物等に固定化して
酸素を生み出せるということなのです。この生産効率が驚くほど優れているのがユーグレナなのです。

また、二酸化炭素の固定能力の高さが、地球温暖化対策に非常に有望であると期待されています。

 

●59種類もの豊富な栄養素を兼ね備えている

動物と植物の両方の性質を備えているユーグレナは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、実に59種類もの栄養素を兼ね備えています。

人間が生きていくために必要な栄養素の大半を、ミドリムシは含んでいるといっても過言ではありません。

このような高い栄養価を誇るユーグレナは、健康を願う人々にとっては日々の食生活で足りない栄養を補う栄養補助食品やサプリメントとして頼りになる存在となります。

また、発展途上国などで微量栄養素の不足に苦しんでいる人々に向けた食料援助の素材として、ユーグレナは大きなサポートとなり得る可能性を十分に持っています。

 

20160615-007

 

●燃料をつくることもできる

次世代の燃料として関心を集めているのが植物、藻類などから作り出すバイオ燃料です。
バイオ燃料は、石油などの化石燃料と違って資源が枯渇する心配がありません。

また、化石燃料は燃料として使用することで新たに二酸化炭素を排出していくだけですが、バイオ燃料は原料となる植物、藻類が成長する際に二酸化炭素を固定し、それを燃料として排出しています。

そのため、全体で見れば二酸化炭素の排出量が増えないことになり、温暖化の防止に効果があるものと考えられています。

ユーグレナは、光合成によって二酸化炭素を固定して成長する時、油脂分を作り出していて、これはバイオ燃料の元として利用可能です。

特にユーグレナは、微細藻類の中でも抽出・精製されたオイルが軽質であるため、他の微細藻類に比べてもジェット燃料に適していることが分かっています。

 

20160615-006

 

 

人々の健康とユーグレナ

●未来食材「ユーグレナ(みどりむし)」

人や動物が健康的に生活を営むためには、食事などで栄養素をバランスよく摂取する必要があります。ユーグレナは藻の一種ですが、植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

そのため、野菜に多く含まれるビタミンやミネラルなどの成分に加え、魚に多く含まれるDHA、EPAといった不飽和脂肪酸なども持っています。

ユーグレナの持つ栄養素はなんと59種類。その特徴から、人々の栄養不足や栄養バランスの乱れを解決する一助となる「未来の食材」として期待されています。

 

●ユーグレナに含まれる全59種類の栄養素

ビタミン類

α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸

ミネラル類

マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム

アミノ酸類

バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン

不飽和脂肪酸

DNA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγ-リノレン酸

その他

パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

 

●高い消化吸収率を誇るユーグレナ(みどりむし)

ユーグレナは植物と動物の両方の性質を持つことから植物に含まれるビタミンCや葉酸、動物に含まれるDHA、EPA、ビタミンB1と、両方の栄養素を兼ね備えています。

また、生物学的な大きな特徴として大切なことは、植物にある細胞壁がなく、細胞が細胞膜で構成されていることです。

つまり、細胞壁があると、人間はこれを分解するセルラーゼという成分がないため、栄養素の消化効率が悪くなってしまいます。

しかし、ユーグレナの細胞を覆っているのは細胞膜のみであるため、効率的な栄養吸収が可能となるわけです。その結果、みどりむしは植物の栄養素を持ちながら、細胞膜でしか覆われていないということなのです。

これは本来なら吸収効率の悪い植物性栄養素を、ユーグレナは、動物性栄養素と同じくらい、確実に体内で取り込めることを意味しています。

 

20160615-008

 

●ユーグレナに含まれる特殊な天然物質「パラミロン」

ユーグレナ特有の成分として、β-1,3-グルカンの高分子体である特殊な天然物質「パラミロン」があります。

光合成によって生産された糖を効率よく貯蔵するために作られていると考えられており、粒子はらせんが絡まったような複雑な構造になっています。

表面には無数の小さな穴(ミクロホール)が開いており、コレステロールなどの不要物を取り込むことが注目されています。

また、食物繊維のような消化されにくく、吸収されずに排出されるほか、様々な働きをすることがわかっており、機能性食品としての活用が期待されています。

例えるなら、パラミロンの構造は炭にとてもよく似ています。炭は消臭効果が高いことで知られていますが、これは炭の表面にある多くの孔が臭みの原因となる分子を吸い取っているからです。

大気中にある悪臭の原因を吸い取っていくのが炭ですが、パラミロンは炭と同じ働きをして不要な物質を吸い取っていくのです。

また、パラミロンは油分などの不要な物質を排出するだけでなく、プリン体を摂取した時の吸収を抑制してくれます。

 

<ユーグレナ社のパラミロン関連特許>
・パラミロンのプリン体吸収抑制剤及び血中尿酸値低減剤

 

●パラミロンの新聞記事(平成22年4月28日毎日新聞朝刊)

20160615-009

↓ 新聞の記事を書き起こし ↓

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の原因となる中性脂肪やコレステロールを吸収し、体外に排出する「パラミ ロン」という物質が注目されている。

大阪府立大や東大などの研究チームがパラミロンを含む微細藻類の大量培養に初めて成功し、実用化が本格化した。

人体に有害なものを体外に出すデトックス(解毒)効果とともに、バイオ燃料や二酸化炭素(CO2)を吸収するエコ効果も期待されている。

パラミロンは微細藻類「ユーグレナ」にしか含まれていない食物繊維成分だ。ユーグレナとは、池や田んぼなど、私たちの 身近にいるミドリムシのこと。その大きさは、わずか0.05-0.1ミリ。

ユーグレナには細胞を変形させて運動することができる動物的な性質と、光合成するという植物的な性質があり、動物と植 物の中間的な存在と言われている。

顕微鏡で見ると、赤い斑点が目のように見えることから、ラテン語の「美しい(eu)」 と「目(glena)」という単語から名付けられた。

とても小さいため、実用化には大量培養できるようにすることが必要だった。そこで大阪府立大と東大、近畿大などが共同 研究グループを結成し、05年に大量培養に成功した。

「体に不足している栄養素を補給できるうえ、体に不要なものを排出できるという両方の機能を兼ね備えている。それがユ ーグレナの特徴だ」。

大阪女子短期大学長で、大阪府立大名誉教授の中野長久氏(農学博士)は語る。中野氏は30年以上に わたって研究に携わり、共同研究チームの代表の一人でもある。

ユーグレナに含まれるパラミロンは、キノコなどにも含まれるβ1、3グルカンによって構成される三重らせん状の高分子 体だ。

中野氏によると、パラミロンの表面には無数の微小な穴があり、そこに脂肪やコレステロールを取り込むことができる。 しかも消化されないのでそのまま体外に排出できるという。

生活習慣病など、肥満が原因となる病気が多い現代では、体内にある不要物質を外に出す「引き算による健康維持」が重視 されるようになってきている。

パラミロンは中性脂肪などのほか、人体に入った有害重金属を排出する作用も持っており、 「引き算」の役割を担うものとして注目されている。

加えて、便通を改善して腸の働きを良くする効果があるほか、腸管の粘膜細胞を刺激して免疫機能をアップさせる力もある。では、栄養補給としての効果はどうか。

ユーグレナはパラミロン以外にもたくさんの栄養素を含んでいる。

日本食品分析センターなどによるとビタミン群(ビタ ミンB1、B2など)のほかにもミネラル(亜鉛、リン、カルシウム、マグネシウムなど)やアミノ酸(グルタミン酸、ロイ シンなど)、不飽和脂肪酸(DHA=ドコサヘキサエン酸、EPA=エイコサペンタエン酸=など)など、人間が体外から摂取すべき栄養素のほとんどすべてを含んでいると言われている。

しかも、野菜より消化されやすく、内部の栄養素を効率的に体内に取り込むことが可能だ。錠剤のほかクッキーやパスタ などに加工して摂取することもできる。

魚や野菜を中心とした和食より肉食傾向が強くなってきた現代人にとって、ユーグレ ナの果たす役割は大きくなってきているようだ。

さらに、CO2の抑制など環境面でも活用できる。CO2の吸収能力に優れ、その濃度が高くなるほど成長スピードが上が るという特徴があるからだ。

大量のCO2を含む火力発電所の排ガスを利用して、ユーグレナを大量培養できることが、既に実証されている。

また、化 学処理するとバイオ燃料になることも実験で明らかになった。このため、ユーグレナからバイオ燃料を生み出し、それを燃焼 した排ガスでさらに大量培養する――というサイクルを作り出すことも可能という。

中野氏は「ユーグレナが普及すれば、食糧問題と環境問題の両方を同時に解決できる。世界的な食糧危機の到来が予想され ている。ユーグレナが重要な役割を果たす時代は、そう遠からずやってくるはずだ」と期待している。

DSC01366

●乳酸菌も活性化

ユーグレナは乳酸菌との相性が良いことでも評価されています。
それはユーグレナが、乳酸菌の働きを活性化させる効果を持っているからです。

これまでにも乳酸菌を活性化させる能力で有名なオリゴ糖よりも、乳酸菌の活性化を促す力があるとの研究結果が報告されています。

ユーグレナのエキスを添加したものは、18時間で完全にヨーグルト化しました。
一方エキスを加えなかったものについてはほぼ牛乳のままでした。

 

●ユーグレナは髪と肌も健康にする

ユーグレナは、食品だけでなく化粧品としても活用できる素材です。
ユーグレナ社が化粧品用に開発に成功したのが、ユーグレナを加水分解したエキスの化粧品です。

この化粧品には、様々な作用があることが実験の結果分かってきているようです。

例えば、紫外線(UV)に対する防御力の強化、若々しい肌作りに大きな影響を及ぼす皮膚線維芽細胞の増殖効果、美肌作りに重要な要素と言われるコラーゲンの合成を促進させる働きを持っていることなどが判明しています。

このようにユーグレナは、肌の再生や保護を助けてくれる存在なのです。さらに痛んだ髪の修復にも効果があります。

髪はダメージを受けることで親水性があがり、水分や内部の成分が外に流れやすくなってしまいますが、ユーグレナには親水性と逆で成分の流出を防ぐ疎水性のアミノ酸が豊富に含まれています。

この疎水性アミノ酸の働きによって、髪のダメージケアを行うことが出来ます。ユーグレナを用いたクレンジング、洗顔、石鹸、スキンケア、ヘアケア、日焼け止めなどの様々な種類の化粧品の製造が可能となっています。

 

026

●ユーグレナの生産地

世界で最初にユーグレナの屋外大量培養が行われたのは、豊かな太陽、ミネラル豊富な水、澄んだ空気が自慢の沖縄県石垣島です。

石垣島は、1年間の平均気温が23度以上で晴れの日も多く、太陽がさんさんと降り注ぎます。

さらに島のほぼ中央に位置する於茂登岳からは、非常に水質が良い地下水が湧き出ており、良質で安心・安全なユーグレナの成長には最適な環境なのです。

ユーグレナ社はここに生産拠点を設け、豊かな自然環境の中で育ったユーグレナを生産しています。

●ユーグレナ投与の目安

・小型犬(2~5kg)・・・・・・・1日1粒
・中型犬(5~10kg)・・・・・・1日2粒
・大型犬(10~20kg以上)・・・1日3粒~4粒 を目安としてください。

※カプセルを気にするワンちゃんにはカプセルを回し粉末のみを与えてあげて下さい。

※人用としてご購入の場合は、1日3~5粒を目安としてください。

※多少多めに与えていただいても問題ございません。

 

 

 

免疫力を高め愛犬の末期がんを撃退した

ハーブユーグレナ(みどりむし)

【MAGREAGE】

DSC01360

90粒 8100円(税込)

【商品のご注文・お支払い方法】